委託研究領域

委託研究領域

【平成28年度】

現在実施中のプロジェクト(平成28年度)

【平成27年度】

平成27年度「オーダーメイド医療の実現プログラム」の採択課題について

【平成25年度】

平成25年度「オーダーメイド医療の実現プログラム(第3期)」に関する「4領域研究」実施機関及び採択課題一覧」

プログラムの成果(約30万症例のDNA・血清の収集やSNP(一塩基多型)タイピングの実施)を活かして、遺伝情報を基にした個人個人にあった予防・治療を可能とする医療(オーダーメイド医療)を実現するために、疾患関連遺伝子研究等を進めるための研究機関を公募しました。平成25年度の実施機関の決定が、文部科学省のホームページに掲載されました。

(1)「がん関連疾患領域」:1件
研究課題名:

「ゲノム網羅的解析情報を基盤とするオーダーメイドがん医療実現のための開発研究」

代表機関:
国立大学法人東京医科歯科大学
代表研究者:
稲澤 譲治(難治疾患研究所 教授)
分担機関:
国立大学法人名古屋大学、国立大学法人滋賀医科大学、国立大学法人大阪大学、国立大学法人京都大学、国立大学法人徳島大学、学校法人岩手医科大学、独立行政法人国立がん研究センター、愛知県がんセンター、公益財団法人がん研究会

(2)「メタボリック・シンドローム関連疾患領域」:1件
研究課題名:

「メタボリック・シンドローム関連疾患の個別化医療実現」

代表機関:
国立大学法人東京大学
代表研究者:
門脇 孝(医学部附属病院 教授)
分担機関:
独立行政法人国立国際医療研究センター、国立大学法人東京医科歯科大学、国立大学法人滋賀医科大学、学校法人順天堂 順天堂大学

(3)「薬剤反応性領域」:1件
研究課題名:

「感冒薬による重症薬疹症に関わる遺伝素因の同定ならびに病態の解明」

代表機関:
京都府立大学法人京都府立医科大学
代表研究者:
上田 真由美(医学研究科 客員講師)
分担機関:
国立大学法人東京大学、国立医薬品食品衛生研究所

(4)「血清利活用領域」:1件
研究課題名:

「保存血清のメタボローム解析による疾患診断の有用性の検証と応用」

代表機関:
学校法人慶應義塾 慶應義塾大学
分担機関:
独立行政法人産業技術総合研究所、国立大学法人東北大学

委託研究領域(第2期実施分)

プロジェクトの成果(約30万症例のDNA・血清の収集やSNP(一塩基多型)タイピングの実施)を活かして、遺伝情報を基にした個人個人にあった予防・治療を可能とする医療(オーダーメイド医療)を実現するために、疾患関連遺伝子研究等を進めるための研究機関を公募しました。

【平成20年度公募分】
(1)がん関連疾患領域
対象疾患:肺がん、胃がん、大腸・直腸がん、前立腺がん、乳がん

「ゲノム網羅的解析情報を基盤とするオーダーメイドがん医療」

代表機関:
国立大学法人東京医科歯科大学
参画機関:
国立大学法人東京大学、国立大学法人名古屋大学、国立がんセンター、国立大学法人大阪大学、学校法人岩手医科大学、国立大学法人京都大学、財団法人癌研究会、国立大学法人徳島大学

(2)メタボリック・シンドローム関連疾患領域
対象疾患:高脂血症、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞(狭心症含む)、閉塞性動脈硬化症

「メタボリック・シンドローム関連疾患における個別化医療の実現」

代表機関:
国立大学法人東京大学
参画機関:
国立国際医療センター、学校法人順天堂、国立大学法人滋賀医科大学、国立大学法人東京医科歯科大学、国立大学法人九州大学、学校法人東京医科大学

【平成21年度公募分】
(1)肝臓関連疾患領域
対象疾患:B型慢性肝炎、C型慢性肝炎、肝硬変、肝がん

「B型肝炎ウイルス感染に対する応答性の遺伝的要因」

代表機関:
国立国際医療センター
参画機関:
国立大学法人東京大学、公立大学法人名古屋市立大学

「C型肝炎における肝線維化進展・発癌に関連する遺伝子多型の解析」

代表機関:
国立大学法人東京大学
参画機関:
国立大学法人千葉大学

(2)婦人科関連疾患領域
対象疾患:子宮内膜症

「ゲノム全域関連解析による子宮内膜症感受性遺伝子の同定」及び「新規に同定された子宮内膜症関連遺伝子の発現様式の解析」

代表機関:
国立大学法人新潟大学、学校法人日本医科大学
参画機関:
学校法人東海大学

(3)骨・筋肉関連疾患領域(1グループ)
対象疾患:骨粗鬆症、筋萎縮性側索硬化症、関節リウマチ

「骨・筋肉関連疾患における遺伝情報に応じた個別化医療の実現」

代表機関:
学校法人東京女子医科大学
参画機関:
国立大学法人名古屋大学、地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター

委託研究領域(第1期実施分)

本プロジェクトの第1期では、理化学研究所遺伝子多型研究センター(現:ゲノム医科学研究センター)が中心となり、以下の協力研究機関と連携して疾患ごとに関連する遺伝子の研究を実施しました。

【平成19年度開始課題】
ネフローゼ症候群 : 東京大学医学部附属病院(野入英世)
不整脈(心房細動) : 東京医科歯科大学難治疾患研究所(古川哲史)

【平成18年度開始課題】
脳動脈瘤 : 東海大学(井ノ上逸朗)
胃癌 : 国立がんセンター研究所(吉田輝彦)
バセドウ病 : 福岡大学(白澤専二)
脳梗塞 : 九州大学(清原裕)
心不全 : 東北大学(豊岡照彦)
花粉症 : 京都大学(松田文彦)
閉塞性動脈硬化症 : 大阪大学(荻原俊男)
肺気腫 : 日本医科大学(工藤翔二)
骨粗鬆症 : 東京都老人医療センター(井藤英喜)
乳癌 : 癌研究会癌研究所(三木義男)
肺癌 : 大阪府立成人病センター(今岡真義)
肝硬変 : 日本大学(森山光彦)
気管支喘息 : 岩手医科大学(井上洋西)
アトピー性皮膚炎 : 順天堂大学(池田志斈)
不安定狭心症 : 日本医科大学(高野照夫)

 

ページトップへ