シンポジウム

ヒトの遺伝情報は99.9%共通ですが、少しずつ違いがあり、その違いが、ひとりひとりの体質の違いとして現れることもあります。遺伝情報からわかる体質に合わせて、「オーダーメイド医療」が実現する未来が見えてきました。
本シンポジウムでは、私たちと遺伝子の関係、一人ひとりが違っていることの意味、そして、未来のオーダーメイド医療がもたらすものについて、ご来場頂いた皆様とご一緒に考えさせていただく場となりました。
当日は、155名の方にご来場頂きました。


オーダーメイド医療の実現プログラム
遺伝情報の共有って、どういうこと?
~変わる医療と家族のみらい~

日時
: 2017年3月22日(水)
18:30~20:00
会場
: コクヨホール(品川)
 東京都港区港南1丁目8-35(JR品川駅港南口 徒歩5分)
主催
: 東京大学医科学研究所・日本科学未来館
 理化学研究所統合生命医科学研究センター

お問い合わせ先:

「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」事務局
TEL:03-5449-5122
(土日祝日を除く9:30-17:00)

プログラム

  • 【講演 Part.1】

    遺伝子とわたしたち
    ~みんな持ってる・みんな違う~

    理化学研究所 統合生命医科学研究センター チームリーダー
    桃沢 幸秀

  • 【講演 Part.2】

    何ができる?どう変わる?
    オーダーメイド医療とわたしたちの未来

    東京大学医科学研究所 国際先端医療社会連携研究部門 特任准教授
    湯地 晃一郎

  • 【パネルディスカッション】

    家族で、そして社会で… 遺伝情報の共有って、どういうこと?

    【パネリスト】
    桃沢 幸秀、湯地 晃一郎、武藤 香織

    【話題提供】
    武藤 香織

    【コーディネーター】
    浜口 友加里、毛利 亮子

(敬称略)

 

Adobe Readerのダウンロードは
こちらをご覧ください。

 

ページトップへ