ごあいさつ

ごあいさつ

-第3期開始にあたってのごあいさつ-

 わたしたちは、2003年から「ひとりひとりの体質に合った医療」をめざし、個人の体質(遺伝情報の違い)と、病気のかかりやすさ・くすりの効きやすさ・副作用の出やすさの関係について研究を行っています。本プログラム第1・2期を通じて47疾患、20万人の患者さんのご協力をいただき、世界最大規模のバイオバンク・ジャパン(DNA・血清バンクなど)を構築しました。このバイオバンク・ジャパンに、患者さんからご提供いただいた試料などを大切に保管しています。

 第3期では、第1・2期の10年間で積みあげてきた研究成果をさらに進展させるために、2013年から5年間の計画で、新たに、38種類の病気をもつ患者さん10万人からDNA・生活習慣の情報・カルテ情報などをご提供いただくことを予定しています。このプログラムは、多くの患者さんや医療機関の方々に支えられ、研究を進めていきます。

 また、連携する医療機関を拡大するとともに、収集する試料の種類を増やし、さらに多様な研究活動に対応できるバイオバンクの構築を開始しました。提供いただいた試料と情報は適切に管理、活用して、新しい医療のために貢献したいと思います。

 さらに多くの患者さんのゲノムと病気の関係を調べ、オーダーメイド医療の実現を目指して、全力を尽くしてまいります。これまでご協力いただいた皆様に、あらためて御礼申し上げますとともに、今後ともご支援ご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

オーダーメイド医療の実現プログラム

Adobe Readerのダウンロードは
こちらをご覧ください。

 

ページトップへ