研究成果・広報活動

ニュース

愛光中学校の15名がBBJ生体試料倉庫を見学

10月26日(木)、愛光中学校(愛媛県松山市)の生徒15名と引率教員1名が、修学旅行の活動の一環として、バイオバンク・ジャパン(BBJ)の試料保管施設(DNA/血清倉庫)を見学に訪れました。この見学は、BBJの分担研究者である医科学研究所 人癌病因遺伝子分野の村上善則教授が同校の卒業生であることから実現したものです。

一行は、医科学研究所到着後、村上教授の案内によりキャンパス内の近代医科学記念館を見学したのち、BBJのDNAと血清倉庫へ移動し、森崎 隆幸 BBJ事務局長より説明を受けました。

「生徒たちは大変興味深かったとのことで、喜んで帰りました。将来の糧になってくれれば」(村上教授コメント)

BBJでは、政府関係者、研究・教育機関、民間企業、患者団体、そして学生など幅広い背景をもつ方々の見学を受け入れています。

(近代医科学記念館にて村上先生より説明を受ける愛光中学校の生徒さん)

(DNA/血清倉庫)

All rights reserved. Copyright (C) 2019 BioBank Japan