研究成果・広報活動

ニュース

サウジアラビア王国より保健省副大臣など15名がバイオバンク・ジャパンを視察しました

11月17日(金)、サウジアラビア王国のH.E Eng. Abdulaziz bin Hamad Al-Rumaih保健省副大臣及び同省内組織幹部8名を含む視察団が来日し、バイオバンク・ジャパン(BBJ)を訪問しました。一行は、BBJ代表の松田浩一教授(大学院新領域創成科学研究科/医科学研究所)、事務局長の森崎隆幸特任教授(大学院新領域創成科学研究科/医科学研究所)、分担研究者の岡田随象教授(大学院医学系研究科)によるBBJの概要説明と、活発な質疑応答の後、BBJ試料保管施設(DNA/血清倉庫)を見学しました。

当訪問は、日本との保健医療・バイオ分野での二国間連携を視野に入れたサウジアラビア王国保健省が、同国と日本の連携を具体的に検討する上で、日本を代表する疾患バイオバンクであるBBJの運用体制等を視察する目的で実施したものです。

BBJでは、政府関係者、研究・教育機関、民間企業、患者団体、そして学生など幅広い背景をもつ方々の見学を受け入れています。

(質疑応答の際のH.E Eng. Abdulaziz bin Hamad Al-Rumaihサウジアラビア王国 保健省 副大臣)

All rights reserved. Copyright (C) 2019 BioBank Japan